卒業式 袴 レンタル

袴の着付け

袴・着物初心者でも大丈夫、袴の着付け方法を紹介します。

 

着付け

和装肌着、肌襦袢の上からタオルを2枚使いボディを修正します。 タオルを巻くことによって帯を安定させます。

 

長襦袢の下前にコーリングベルトの片方をとめて、身八口から通してもう一方で上前を止めます。 この時襟元をしっかりと合わせて下さい。

 

伊達締めを前から締めて、後ろで交差させて目でねじります。 そうすることによってゆるみが少なくなります。

 

着物の襟と重ね襟を別々にとじます。 重ね襟は着物についているタイプと別になっているタイプがあります。 別タイプの場合は着物の襟に重ね襟を付けてください。

 

 

袴の着付け

 

着物を着ます。

 

着物の下前にコーリングベルトの片方をとめます。 見八口から回して上前をとめます。 このとき両方の衿のバランスを均等になる様によく見ておいてくださいね。

 

伊達締めを締めます。

 

横から見た襟の抜き方です。 袴の場合はあんまり襟は抜きません。

 

帯を締める前に袴の位置を決めておいてください。 丈が長すぎたり短すぎたりしない様に注意しておく必要がありますからね。

 

帯を前から2回まわします。 その時、前板も入れて下さい。 後ろで長い方の帯が上にくるように結んでおきます。

 

長い方の帯を20cmくらいにたたんでリボンを作ります。 短い方を上から通して形を整えます。

 

袴は白いヘラが付いている方が後ろです。 袴の位置と長さ・丈を決めます。

 

前のひもを後ろで一度結びます。 前に通して右前で交差させて後ろの帯の上で結びます。

 

後ろの白いヘラを帯の間にはさみます。 帯の上に袴を乗せて、前でリボンを結びます。

 

長い方のひもをしたから通して整えれば完成です!

 

 

 

男の袴の着付け方法

男性が袴を着る事もあると思います。 卒業式とかでもそれ以外でも。

 

3分で着られる袴と着物、男物のハカマと着物の着付け方法んいついても紹介しておきたいと思います。

 

 

男物の袴の着付け

 

男の袴

じゅばんを羽織ります。 襟を右側・左側の順番に合わせます。

 

腰ひもの真ん中を持ちおへその下に合わせます。 ひもを後ろから前に回します。 くるっくるっと2回結びます。

 

左右反対に交差させ上からはさみます。 そして着物を羽織ります。 

 

袖に手を通します。 内側のそでを中におさめます。 左右を持ち体の前で揃えます。

 

右側を合わせます。 左側を合わせます。

 

 

その2

 

帯を手に取ります。 左手で帯の橋を持ちます。 左腰に当て時計回りに巻きます。 しっかり引っ張りボタンと留めます。

 

帯を回してマジックテープを正面中央にします。 板を背の中心に合わせます。

 

後ろのすそを持ち上げます。 下から帯にはさみます。 こうする事によって裾がひざ丈になって歩きやすくなります。

 

 

その3

 

袴の股に注意して足を通します。 袴の前を固定します。 後ろを帯の板にはめます。

 

腰の2重の輪っかに通します。 ひもを引っ張ります。 一番目の輪っかに通します。 腰の二重の輪っかに通します。 ひもを引っ張ります。

 

一番目の輪っかに通します。 ひもを引っ張ります。 上から下に結び部分を通します。 もう一方の紐も上から下に結び部分を通します。

 

引っ張りながら帯の下に挟みます。 これで袴が固定されました。

 

 

その4

 

羽織を肩にかけ袖を通します。 内側の袖を羽織の袖におさめます。

 

後ろの襟を半分に折ります。 羽織ひもを付けます。

 

えりを整えたら完成です!